MXF字幕重畳&プレビューアプリケーション

Mirosoft Windows用ソフトウェア

XDCAM HD MXF(OP1a)に対してSMPTE-436M規格に準拠した字幕重畳および抜取(プレビュー)を行うアプリケーションです。
これまで実時間をかけてSDI信号にANC収録していた作業(弊社:デジタル字幕収録装置など)がソフトウェアのみで完結でき、大幅な時間短縮が可能となりました。
ファイルベースの字幕運用を促進します。

ソフトウェア【重畳アプリケーション】

簡単なオペレーション

  • MXFファイルと字幕素材を選択するだけ
    アプリケーションにMXFファイルと字幕素材ファイル(NAB、ARIB形式)を指定するだけで重畳の準備が整います。
    字幕素材ファイルを指定すると自動的に字幕種別(NAB、ARIB-HD、ARIB-SD)の判別、イニシャルタイム、放送時間枠を解析して画面に表示します。

(重畳処理時間の参考値(MXF:HD50Mbps 15分24秒 6.47GB))
■SSD 2分16秒(同一SSD間) 実時間の約1/6.5
■HDD 6分20秒(同一HDD間) 約1/2.5 1分4秒(別HDD間) 約1/14

タスクリスト機能で複数ファイルも自動処理可能

  • 重畳に使用するMXFファイル、字幕素材ファイルをリストに登録し、後から連続で自動処理させる機能です。オペレーションの空いている深夜帯などの時間を有効利用して字幕重畳を行うことが可能です。

XDCAMとの接続に特化したFTPクライアントが付属

  • XDCAM独自のディレクトリ構造に対応したFTPクライアントが付属しています。
    必要最小限のボタン操作のみでXDCAMからMXFファイルを取得、PC内で重畳したMXFファイルをXDCAMに書き戻すことが可能です。

ソフトウェア【プレビューアプリケーション】

字幕重畳後のMXFファイルをPCで再生

  • これまで字幕重畳したMXFファイルの内容を実際に確認するには、XDCAMデッキからのSDI信号を弊社ANCデータモニタ装置や他社OFDM変調器に接続する必要がありました。MXF字幕プレビューアプリケーションを使うことでMXFから字幕データを抽出し、ハイレゾ映像に字幕イメージをオーバーレイ表示しての再生が可能です。

字幕表示をHD、SD、携帯(ワンセグ)に切り替え可能

  • 字幕重畳されたMXFファイルにHD、SD字幕の他、携帯字幕が含まれていた場合、ワンセグ放送での表示イメージを擬似的に再現することが可能です。
    ワンセグ放送でのイメージは「12文字×4行」「16文字×3行」表示に対応しています。
    (MXFファイルに含まれていない字幕形式は表示できません。)

商品構成

  • ソフトウェアCD-ROM
  • USBドングルキー
動作環境
OS Microsoft Windows 7,8 (32/64bit)
※64bitOS上では32bitアプリケーションとして動作致します
CPU Intel Core i3以上
メモリ 4GB以上
ネットワーク 1000BASE-T
ハードディスク 重畳   :OS領域+MXFファイルサイズの2倍の領域が最低限必須
プレビュー:OS領域+MXFファイルサイズの領域が最低限必須
ディスプレイ解像度 重畳   :1920×1080以上必須
プレビュー:1920×1080以上必須

仕様

重畳アプリケーション
対応MXFファイル XDCAM HD MXF(OP1a)
※P2HD MXF(OPAtom)には非対応
対応XDCAMデッキ PDW-HD1500、PDW-F1600、XDS-1000、XDS-PD1000、XDS-PD2000、PDW-U1(USB接続)、PDW-U2(USB接続)
非対応XDCAMデッキ PDW-F75、PDW-1500
重畳規格 SMPTE-436M MXF Mappings for VBI Lines and Ancillary Data Packets
重畳領域 字幕補助データ1~3領域
データ1領域(HD or SD)、データ2領域(HD or SD or アナログ or 携帯)、
データ3領域(アナログ or 携帯 or アナログ+携帯)
対応字幕素材 NAB T027-1996字幕素材
ARIB-STD B36字幕素材(HD、SD)
※指定された単一の字幕ファイルからHD、SD、アナログ、携帯字幕データを自動生成します
プレビューアプリケーション
対応MXFファイル XDCAM HD MXF(OP1a)、XDCAMプロキシMXF
※XDCAMプロキシMXFは再生のみ対応(字幕は規格上含まれておりません)
※P2HD MXF(OPAtom)には非対応
重畳規格 SMPTE-436M MXF Mappings for VBI Lines and Ancillary Data Packets
字幕デコードレベル 弊社「ANCデータモニタ装置」と同等の性能(追加記号、外字表示可能)
チャンネル切り替え 1~8chを左右スピーカーに割り振り可能
音量モニタリング %表示(Windowsボリューム)、dBFS表示
ショートカット ユーザー設定可

諸注意

  • ご使用の際は商品添付の説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
  • 仕様および外観などは性能向上のため予告なしに変更することがあります。
  • 本製品(ソフトウェアを含む)は日本仕様であり、弊社では海外でのサービスおよび技術サポートなどは行っておりません。
  • 商品名は一般に各開発メーカーの登録商標または商標です。