社長挨拶

1979年5月、現取締役会長である田中隆が「パソコンを自分たちの手で作ってやろう」と大きな夢をもって設立した会社を2016年6月に継承することになりました。
創業者である、先代の「技術を売る」という理念を継承し今後も努力を重ねて参ります。

パソコンを作り、通信・官公庁の仕事を経て、1985年から放送業界に本格的に参入し、独立系企業でありながら、システム設計、ソフト開発、ハード開発、保守メンテナンスまでを実現出来る数少ないメーカーとして今日までお客様に育てられ成長して参りました。
そのベースとなっているのは、若い人の独創性および創造力を最大限に発揮できる環境の提供と、長年培った技術の活用、そして「常に新しい技術への挑戦」です。

放送業界もデジタル機器が一般的になりましたが、お客様と共に歩んだ歴史の中でアナログ時代から培ってまいりました経験、技術、品質、実績にデジタルの新たな技術を融合したシステム納入・製品開発・サービス提供を通じて、今後も常に信頼される企業となるための努力を行うと同時に、お客様の発展に寄与し社会貢献して参ります。

これからも経営の良きパートナーである社員全員と理念を共有し、技術力と能動的な活動で「不自由さの解消」を目指し、関わる全ての皆様と共に喜びを共有できる企業となるべく新たに歩み続けます。

代表取締役 平山 智之